クリーンディーゼルエンジン車

クリーンディーゼルエンジン車

東京を始めとする首都圏では、平成15年3月の時点で使用されているディーゼル車のうちトラックとバスについて排出基準規制が設けられました。

ディーゼル車から排出される粒子状物質が、大気汚染の問題を深刻化させる要因を持っているからです。

この粒子状物質は、生活する人々の健康被害を起こしかねない物質なのだそうです。

しかしディーゼルエンジンは、燃焼効率が高く、CO2 の排出量がガソリンエンジンに比べかなり低いエンジンです。

ディーゼルエンジンは、地球温暖化防止に寄与する「環境に優しいエンジン」と言えるのです。

ヨーロッパなどでは新車として販売されている車両のうち50%がディーゼルエンジン搭載車ということです。

ディーゼルエンジンに課せられた規制は、全てのディーゼルエンジンが悪いということではなく、排出基準をクリアしたものであれば使用が可能です。

また粒子状物質検証装置を装着した車両であれば、都内で使用することも出来るのです。

装着しないと車検が通らないなどの問題がありましたが、この装置の価格も下がり、手軽なものとなってきました。

この燃焼効率の良さは捨てがたく、その利点は活かすべきものです。

クリーンディーゼル車とは

「ポスト新長期規制」の排出ガス規制の基準に沿った、粒子状物質や質素酸化物の排出量が少ないディーゼルエンジンが開発されました。

それがクリーンディーゼル車です。

ディーゼル車の優れた環境性能を最大限に生かし、黒鉛、騒音といったマイナスイメージを払拭るものです。

新しい燃料噴射システム「コモンレールシステム」によってデメリットは克服され、日本において次世代自動車の一つとして認定されています。

今注目を浴びているものとは、また違った形で環境にアプローチするエコカーなのです。

ディーゼルエンジンが使用する軽油は、製造過程の環境負荷がかなり小さくなっています。

400万KLのガソリン減産と軽油増産を行った場合の製油所のCO2排出量は、約170万トンの削減となるようです。

製造面と使用面の両方で環境問題に貢献できるのであれば、大変有益なエンジンと言えます。

このような面からディーゼル車は、環境問題に敏感なヨーロッパでいち早く認知され、普及が進んでいるのです。

Web Design Bournemouth Created by High Impact.
Copyright © クリーンディーゼルエンジン車. All rights reserved.